スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
∞6月4日の忍野∞
昨日のあまりのパラダイスぶりに何をどう書いてよいものか頭がちょっとパニクっています・・・かなり長編となりました。(笑)
6月4日の忍野
6月4日の忍野。
なんだか寝付けず、仕方ないので家をAM1:00過ぎに出発です。
世の中はサッカー一色のようで周りの家々の窓からはこんな時間にも係わらず煌々と部屋の明かりが漏れて来ます。
僕はあんまりサッカーには興味が無いのですが道中暇なのでサッカーの試合のラジオを聞きながら高速を使わずゆっくりペースで忍野に向かいました。
サッカー、日本が勝った様で良かったですね、それにしてもラジオでサッカーの分かり辛さと言ったら・・・ゴ〜〜〜〜ル位しか分かりませんでした。
ちょうどサッカーの試合が終了した時に忍野到着です。(笑)

夜明けの気温は12度、まだまだ冷える忍野です。
クロマダラ狙いの人が既に何人も入っています
先週と同じく金田一方面へ入りました。
結局4時過ぎから15分程度だったでしょうか、まあまあのハッチは有りましたが如何せん短かったです。
4時過ぎのストマック
(ヒゲナガがかなりハッチしてました・・・モーニングヒゲナガやっちゃいました・・・笑)

第二波もほとんど起こらずいまいちな早朝ハッチでした。
その後クロマダラスピナー狙いで「らしい」場所へ入ります。
予想もあたり、かなり良いスピナーの釣りを2時間ほど堪能しました。
クロマダラスピナー9時過ぎ

クロマダラスピナー10時過ぎ
(トゲスピが混じってます・・・日中にトゲスピ?・・・夕方の前触れだったのかな・・・)

忍野産の非常にコンディションの良いワイルドもたくさん釣れ面白かったです。
他の人はあんまりクロスピに気が付いていないかそれとも早朝からの釣り疲れで寝てる人が多いのか場所も空いていて良かったです。
スピナーの釣りですが通常緩い流れの釣りが多いですが、瀬に入っている魚もかなり意識しているようで、ガンガン反応が有りました。

その後はおおのさん、森村さん、Sさん(FFJに寄稿されています・・・とっても面白いお話をいつも聞かせていただいております)と一緒にエッジで昼食。

14時位に川へ・・・。

これと言ったハッチも無く、最近はほとんどやら無くなったビートル付けてみます。
かなり多くの人がやっているせいか、昔ほどの威力は無くりましたが、それでもまだ反応してくれる素直な奴も居ました。(笑)
その後、アカマダラのハッチを期待しますがこちらも先週のようなハッチは無くパラパラと言った感じでした。

今日は何処でイブニングをやろうかと迷っているうちにケンさん登場です。
富士急に入ろうと思いましたがすでに一杯・・・また難民か・・・と思っていたら、おおのさんがなんと1番を譲ってくださいました。
おおのさんには率直に話しましたが実は最近、僕は1番があまり好きでは有りません、いまいち釣りが単調になりがちなので最近は少し遠ざかっていました。
それでも久々の1番にはやっぱりワクワクしてしまいました。(笑)

で、イブニング前。
ライズはほとんど有りませんが、水面下には数匹魚が見えます。
とりあえず、アカマダラのスパークルダンを流すと反応が良いです。
何とか釣ってみると、アカマダラも少し入ってましたが、目立つのは例のトゲマダラです。
流下はまったく見えません、「ふ〜ん・・・トゲ、流れてるのね〜」なんて心の中で思い、トゲスピを流すと反応が更に良くなりました。
この時点では僕を含めた周りの人はこの後起こるスペシャルな出来事を予想だにしていません。
横ではおおのさんがアカマダラサイドワインダーで極上のワイルドを掛けサマーズ(#856)で楽しんでいました。
おおのさんファイト中

そんな中、「誇り高き一族」は突然、大群となって現れました。

今までわりとたら〜っとしていた流れが激変しました。
まるで誰かがスイッチを入れたかのようにもの凄いライズが始まりました。
もう自分の表現力の無さが悔やまれるのですが「ただただ、凄いライズ」で数もサイズも凄くて一体何処にこれだけの魚が居たの?って言う位で、後から一緒になった森村さんが言うにはまるで養魚場でペレット撒いてるかのようなライズの嵐が始まりました。

対岸で釣っていたSさんも興奮気味で「何?何?これ!、いったい何が始まったの?目の前魚だらけだよ!何これ?」と言った感じで僕も周りの人達ももの凄く興奮していました。

で・・・上空を見ると・・・信じられない数の虫が飛んでいます。
なんとか網で居一匹捕まえてみると、なんと例のトゲマダラ(コオノマダラ?・・・現在同定依頼中)でした。
誇り高き一族(コオノマダラ?)

空一面がトゲマダラで覆われています!
上流の瀬の上は更に激しく、誇張も無くトゲマダラのせいで霞んでいる状態でした。
一体、奴らは何処に居たのでしょうか・・・そしていつハッチしていたのでしょうか・・・謎だらけです。
今思い返してみても、まるで幻覚を見ていたのでは無いかとも思うほどのスピナーフォールでした。
何千・・・否、何万と言う数ではなかったのでしょうか。

さてこのトゲスピが起こしたスーパーライズ、かなり難しかったのも事実です。
よく、本物が多すぎて釣れないという状況が有りますが、真の意味でそれを体験しました。(笑)
ストマックには卵塊ごと食われてる奴も有りました。

トゲスピ18時頃
トゲスピ卵塊


相当でかい奴も混じっていてホントにホントに大興奮でした。
森村さんが「今まで釣りしてきてこんなに凄いのは初めてです」とも言ってました。

このスーパースペシャルスピナーフォールですが小一時間続きました。30分程経ち、スピナーの数はかわらず落ちているのに、魚がおなか一杯になったのか(笑)、ライズが幾分少なくなった(それでも想像を越える魚のライズが有りました)のが印象的でした。
この現象、ピンポイントなのかと思いきや、下流でも相当ライズが有ったようです。
後から忍野SIZE君に聞いた話では金田一付近でも凄かったようです。またもう1つの情報では鐘ヶ淵放水路付近でも虫(なんだか分からない)が凄かったそうです。

あまりのトゲスピの大群でちょっと気味悪くなったのも事実です。

やっぱり通いがいの有る釣り場なのは間違い有りません、他の人になんと言われようが僕は忍野が好きです。
某所でも書きましたが僕はフライが好きと言うより忍野で釣りをする事が好きなだけかもしれません。(笑)

ん〜・・・凄すぎて凄すぎて・・・まだ興奮しています。
自然の不思議さを体感したイブニングでした。

今日のハッチ
ユスリカ
クロマダラカゲロウ(4時頃第一波有り、午前中にスピナーフォール)
コグサヒメカワゲラ?(6〜7時位)
ヒゲナガカワトビケラ(4時位とイブニング)
カディス色々
オナシカワゲラ
アカマダラカゲロウ(15時以降)
ナミフタオカゲロウ(ぱらっと・・・相変わらず少ない)
ホソバマダラカゲロウ(イブニング)
クシゲマダラカゲロウ(トゲスピ後半に少し混じりだしました、もしかしたら、トゲスピ終了後にドンと来てるかも)
コオノマダラカゲロウ?(トゲマダラ属)×∞(笑)、17:30過ぎから大爆発!!!
コカゲロウ(見かける程度)

追記:昨日、忍野でイブニングやった方で上流域の状況知っている方は居られないでしょうか?
あの大スピナーフォールがどのくらいの範囲で有ったのか興味津々です。

追記:19時頃、トゲスピが一段落する少し前からクシゲのハッチが有りました、その場で捨ててしまったストマックにはポツポツとクシゲDDが入り、川辺にも結構クシゲが漂っていました。もしかしたらですが19時過ぎからクシゲへのライズが有ったかもしれません。こちらはこちらで爆発タイプなので面白かったかもしれません。

土曜日のイブニングの整理してみると・・・
アカマダラのハッチがダラダラと続く中、トゲマダラの大スピナーフォールが起こり、これが小一時間続いた後、クシゲが急激に参入と言う感じだったと思います。
| ペリカン | 16:01 | comments(26) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:01 | - | - |
Comment
忍野は偉大ですよ。
そして、この事実は銀河史に残る
大事件でしょう。
Posted by: 忍野SIZE |at: 2005/06/05 8:01 PM
>忍野SIZEさん
こんばんは。
あまりに強烈過ぎて今後が心配です。
あの時間に流下ネットやったらキロ単位で入ったかも・・・。(笑)
ところで、昨日泊まりだったんだよね?
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/05 8:18 PM
いいえ、帰りましたです。
今日の情報知りたかったのですが、誰も行ってないみたいです(爆
Posted by: 忍野SIZE |at: 2005/06/05 8:22 PM
泊まりじゃ無かったのね〜、渡辺さんにうそ言っちゃった・・・。(笑)
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/05 8:31 PM
うわぁ〜!
良い釣りされましたね!
やっぱり忍野は、凄いとこですね。
なんといっていいのやら、言葉もありません。

>もう自分の表現力の無さが悔やまれるのですが「ただただ、凄いライズ」で数もサイズも凄くて一体何処にこれだけの魚が居たの?
 ニュアンスは充分伝わってます。う〜ん、来週はどうなるんだろう・・・
Posted by: 鱒之介 |at: 2005/06/05 9:11 PM
良い写真を有り難うございます。
ハッチの寂しい時は、くわえ煙草で後ろの人と話ししながら、やる気なさそーにペタペタやってると釣れちゃう作戦でした。
それと1番でイブニングまで場所取りしていると、ヒゲナガオヤジと呼ばれますよー。釣りが下手になりますよー。
Posted by: おおの |at: 2005/06/05 10:22 PM
うっちょ〜!!
空一面の『誇り高き一族』・・・
さぞかしすごかったことなんでしょうね。。。
一生に一度?の土曜日!!
また、土曜日ってところがいいですね。
伝説を体験できなくて残念です。
どなたか空の画像は撮らなかったんでしょうかね?
Posted by: ゼロ |at: 2005/06/05 10:39 PM
>鱒之介さん
やっぱり忍野は凄いです、素晴らしいです。
来週も期待しましょう。(笑)

>おおのさん
昨日はどうもです。
良い感じの写真ですよね。(笑)

>ゼロさん
もうもの凄い有様でした。
一生に一度レベルだと思いますがそこは忍野・・・きっとまだまだ何かが起こるでしょう。
空の画像、撮らなくてはと思ったのですが目の前のライズに惑わされ焦らされ気が付いた時には放心状態でした。(笑)
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/05 11:05 PM
TB返し、ありがとうございます(笑
暗黒面と、トゲ一族を、個人的に関連付けしていたのですが、まさかこんな事になるとは思いませんでしたね〜、激しく凄まじいです(笑

こんな事なら、『シス・マダラ』にしておくんだったなぁ〜(笑

おおのさん>
帽子変えてたんですね?
9:00ごろ裏イチに居ましたよね?
入ろうと思ったんですが、知らない人だと思って
声かけれませんでした(笑
やっぱ、その時間の裏イチも炸裂しました?
Posted by: 忍野SIZE |at: 2005/06/05 11:31 PM
>忍野SIZEさん
9時過ぎにおおのさんのあとに裏イチに入ったのが僕でした、ちょうどおおのさんが金田一の橋付近に居たので、「裏イチ、空いてます?」って聞いたら、「空いてるよ〜、でもいまいち・・・」って言われたんですが、スピナー来るんじゃないの〜?って思いつつ、裏イチに直行しました。
・・・で・・・クロスピ小爆発しました。(笑)
結局裏イチと金田一でクロスピを堪能しました。
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/06 12:02 AM
忍野SIZEさん>
最近避けてますね。早いとこ竿持って行っておくれ。

朝一に今日のノルマ達成してしまって余裕でうろうろしてました。
実は、その後あまりに釣れないので、あっちこっち良い所が開くと入っていました。あの後、ペリカンさんが入って暴釣してましたね。
Posted by: おおの |at: 2005/06/06 12:25 AM
おおのさん>
裂けて無いですって〜!
裏イチに新しい帽子で入るときには
背中に”おおの”って、お願いしますよ(笑
Posted by: 忍野SIZE |at: 2005/06/06 12:46 AM
こんばんわ ペリカンさん
物凄い釣りだったようで、こちらにも興奮が伝わってきます。
関係のない話で恐縮ですが、高山もかなりの数のライズがありました。久しぶりにライズの釣りを堪能しました。
この日は虫達のフェスティバルだったのでしょうね、6/4...虫の日...ですから。失礼を致しました。
Posted by: MANI-HANA |at: 2005/06/06 12:52 AM
>おおのさん
背中に名前ね〜。(笑)

>MANI-HANAさん
ブログ読ませていただいております。
高山に復活ですね。(笑)
画像見るだけで水の良さが伝わってきました。
そう言えば、6月4日・・・正しく虫の日ですね。(笑)
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/06 12:58 AM
みなさん、盛り上がって鱒ねぇ(笑)。
なんだか旧ホテル前上流寄りの興奮ぶりが伝わってきますよ。
でも、依然としていくつかの疑問は残りますね。今年はクシゲはどこへいったの?

さて来週はまさに忍野のピークです。私の統計でいくと、クロマダラ・スーパーハッチの本命週ですから、どこに軸足を置くかも難しいですね。朝のハッチに続くニンフの流下、昼間のクロ・スピ、夕方のトゲ・スピときたら、また睡眠不足&昼寝なしですか(笑)。マジで、帰りの運転は気をつけてください。
Posted by: くろいし |at: 2005/06/06 1:00 AM
>くろいしさん
クシゲですが恐らくトゲが一段落した19時位から増えてきたように感じてます。
後半に採ったストマックにクシゲが混じりだしたのと、川辺を見たらクシゲDDが結構漂っていました。
暗くなってからは釣りを止めてしまったので何とも言えませんが、トゲの後に再度、良いライズが有ったかもしれません。
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/06 1:13 AM
くろいしさんからクシゲは?との事でしたので少し本文に追記しておきました。
出てたのは間違いないです。
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/06 1:29 AM
はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。

土曜日でないので恐縮ですが。。
6/5に行ったのですがイブは見事難民になり、
テニスコート裏に入りました。(新名庄合流下流はドロ濁り)
18時ごろから『空が霞む』までは行きませんが、
相当数のスピナーが上流に向かってまるでヒゲナガのように
群飛していました。
釣れたのはあの辺でチョロチョロしてるヤマメですが、
#12スピナーを流すと毎投ごと釣れました。
只、ライズは全然ボコボコではなく、フライがスッと消し込まれるようなライズでした。

6/5の富士Q、金田一はどうだったのか?気になる所です(笑)


Posted by: はじめ |at: 2005/06/06 9:24 AM
>はじめさん
はじめまして。
情報有難うございます。
テニスコート裏もとなると、どうも全域出ていたっぽいですね。
今後とも宜しくお願いいたします。(笑)
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/06 11:19 AM
ペリカン先生、こんにちは、2回目の投稿させて頂きます。
昨日、ポイント難民として金田一⇔富士急を行ったり来たりしてました。。。
昼間、渡辺さんから『昨日、歴史的なスピナーフォールがあありました。でも、そういう日の次の日ってハズれるっていうパターンが多いんですよね。』 
銀河史に残るスーパーライズとは程遠かったですが、富士急前は相変わらず凄いライズでした。金田一周辺はボチボチといった感じ。この日はハズれだったようです。一日違いで、こんなに違うのですね。
みなさん歴史的なスピナーフォールに遭遇してうらやましいです。スーパースペシャルスピナーフォールに会いに、また明日行ってきます。
Posted by: サウスポーレッドブーツ |at: 2005/06/06 5:49 PM
土曜日は、午前中のクロマダラスピナーの釣りで十分満足したので、今日は早上がりにしようと思っていたのですが、
そのままダラダラと夕方までやってしまいました。
そして、幸運にもあの大規模スピナーフォールに遭遇しました。
忍野ノート連載前の'96年、黒石さんとともに、
オオクマの大規模ハッチに遭遇しましたが、
今ほどマスが多くなかったこともあり、
すごいハッチだったという印象しか残っていません。
ですが、昨日は大規模流下にしっかりと釣りが絡みました。
一度に多くのものを見せてくれない忍野ですが、
この先も通い続けていく中で、
衝撃的な出来事に必ず遭遇できるのでは、と思っています。
そんなわけで今週末も忍野です。
Posted by: 森村 |at: 2005/06/06 6:41 PM
あれほどのスピナーフォールと鱒のライズは見たことがありません。空前絶後とはあのことでしょう。残念ながらフライを完全にマッチさせることができず(用意はしていたのですが)、課題が残りました。ボクには、裏イチで奇声を上げるしか出来ませんでしたね。もうこのまま大地震か彗星の大激突になってこの銀河の終わりではないか、それでもいっかと思ったくらいです。オレゴンに行きますが、やめて忍野にしようかと真剣に考えましたよ。写真には赤シャツのボクが邪魔してますね。次からもう少し自然にマッチしたシャツを選ばないとと反省しました。色々と見せてもらってありがとう。おおのさん森村さん、ありがとう。
Posted by: さかぐち |at: 2005/06/06 8:18 PM
それ、私も言いたかったんですよ>森村さん

あれは忘れもしない1994年6月。忍野へ通うきっかけになったのがクロマダラ・スピナーの釣りでした。この日は一日中スピナーが流下しました。私のほかに釣り人は…いませんでした。でもね、魚もあんまりいなかったんですよ(笑)。ほんの11年前ですよ。
上から下まで歩いて10匹くらいだったかな、釣れたのは。一番釣れたのは金田一でたしか五匹くらい。もちろん確認できた魚を全部釣ることはできませんでしたが、当時忍野で10匹も釣れば、個人的には快挙でした。でもうれしい半面、捕食されることもなく流下し続けるスピナーになんともいえない気分になりました。それは「もったいない」という気分です。この釣り場はこんなもんじゃないはずだ、と思いました。正直、みんなアメリカばっかり行きやがって、とも思ったんですけど、いい釣り場を見てくる事も必要なのだと今は思います。翌年漁協が復活し、皆さんのリリースの結果やこの釣り場を守りたいという姿勢の結果、現在の忍野があるのだと思います。私には本当に夢のようです。
だから、この前の土曜日、私は忍野にいなかったのですが、その場にいられなくて残念という気持ちはあまりありません。それよりも、こうして話を聞かせてもらえることがうれしくてしかたありません。これからもよろしくお願いします>ペリさん。

Posted by: くろいし |at: 2005/06/06 8:35 PM
> サウスポーレッドブーツさん
こんばんは。
昨日も少ないながらも結構ライズが有ったようですね。
森村さんもくろいしさんも言われていますが忍野と言うのは非常に奥が深い川だと思います。
行けば行くほど真の姿が見えてきます。(笑)
通っていれば年に数度は土曜日までの事は無いにしろ、素晴らしいハッチやライズに遭遇する事が有るのも事実です。

>さかぐちさん
先ほどはメール有難うございました。
僕もあの場は魚以上に興奮していたかもしれません。特にマッチザハッチに拘って釣りをしていた人には堪らない状況だったですね。
僕もあのライズでは課題を残しました。ライズの時間が長かったおかげで最後の方はかなり冷静になっていたつもりですがそれでも「思い通り」にはいきませんでした。
忍野の本当の姿を見たような気がします。

>森村さん
こちらまでコメント頂き有難うございます。
オオクマの話や先日教えていただいたクロマダラのニンフの密度凄さなど、まだまだ僕が体験してない事はたくさん有るようです。(笑)
新たな衝撃的出来事を求めて僕も通いたいと思っています。

>くろいしさん
「現在の忍野」が有るのも過去に色んな人達が作り上げてきたからだと思っています。
やはり僕らこんなにも熱くなれるのは忍野ノートが有ったからだとも思います。
あの「ベース」があるからこそ、今の釣りが組みたてらるとも思っています。
僕やSIZE君はその隙間を埋めるべく釣りしてるに過ぎません。(笑)
今後ともアドバイス、宜しくです。
そうそう、いつでも運転手やりますので。(笑)
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/06 9:50 PM
ペリカンさんの言う通り『虫を視る』ことの大切さを教えてくれたのは、他でもない忍野ジェダイ・マスターの方々です。
そして、その釣魂を継承していくのは、後に続くジェダイの使命だと思っています。

マスターから学ばねばならないことは、まだまだたくさんあります。
今後とも、よろしくお願い致します。
Posted by: 忍野SIZE |at: 2005/06/07 1:19 AM
まったく、忍野SIZEさんに同感です。
今回の事はそう言った事を更に感じた次第です。
Posted by: ペリカン |at: 2005/06/07 11:46 AM








Trackback
ソルトの人や、ダイバーの方には馴染みの”イワシ球” それの、スピナーVerです 忍野SIZEです。 正直、これほどとは誰も想像しなかったろう・・・ 我々ジェダイは、2005.3.27や2005.4.4のエントリーにもあるように、啓示を受けていたのである。
BLOGSIZE | at: 2005/06/05 8:48 PM
先週の土曜日は忍野にとって歴史的な日だったらしい。...
 『マニアの花道』 | at: 2005/06/07 2:01 PM
天気:晴れ気温:15℃(7:00)⇒20℃以上?水温:未計測風 :時々弱時間:8:00〜19:306/4忍野で起きたと云われる『スーパー・スピナー・フォール』いつも拝見させて頂いている『ペリカンさんのblog』や『サトやんさんのHP』からも伝わってくるその時の興奮の度合い
今日も気ままに 〜 fly fishing 〜 | at: 2005/06/07 10:11 PM

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Entry

Comment

潮汐

GPV

Search

Recommend

Archives

Category

Link

Trackback

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links