スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
10月1日
01

02

03

04


村は世界遺産登録を本気で目指しているようです・・・。
川を歩いた限りでは明るい兆しは見えませんでしたが、この川を大切に思う者達が少なからず居ます。
ふら友の皆さん、お疲れ様でした。今日は貴重な場に参加させていただき有難うございました。
思い返してみれば、今日、釣り人で参加したのはふら友メンバーオンリーでした・・・僕がはじめて清掃会参加した年はとても盛況でした・・・ネガティブな感想ばかりですが、これが今の忍野なのかなと、寂しい思いを抱いているのは否めません。

追記:あえて今回の記事は読んでいる皆さんに色々考えてもらいたいと思い、上記のような文章にしました。
しかしながら、誤解を与えてしまった感も有るので、ちょっとばかり補足をします。
まず、世界遺産登録の件ですが、僕個人としての「現時点」での思いは、中身の無い表面を繕うだけの忍野にはそんな大それた物はハナから無理でしょと言う感じです。(苦笑)
それにそんな物に登録された後の釣り場が心配です。あくまで僕はあの場で釣りをしていきたいのですから。
それから、昨日の清掃の件。
参加者が少なく寂しいと書きましたが、なにも参加出来なかった人及び会えて参加しない人を責めているのでは有りません。
漁協及び釣り人が主体の清掃活動の時は「忍野を良くしていきましょう」と言う雰囲気が今よりもっとたくさん有ったように思います。しかし、今、その雰囲気が激減してしまった忍野の現状に対して寂しく思っていると言う事です。
実は昨日、清掃会後にふら友メンバーによる、お茶会プラス意見交換に参加させて頂きました。
ブログやネット上だけでは聞けない意見も多数有り、僕自身、とても有意義な時間を過させていただきました。
今後はこんな意見交換と言うか懇親会に釣り人が多く参加し、村民も巻き込んで色々釣り人の意見を表面化させていく必要があるかなと思いました。
現時点で思った事は今回の僕のブログでのアンケートではありませんが、多くの釣り人の意見を吸い出す必要があるのではないでしょうか。
結局、それで現状(放流や砂の問題)の忍野で満足と言う人が大多数なのであれば、「それだけ(僕にとって)」の釣り場でしか無かったと言う事になってしまうのかなとやや消極的な自分も居たりします。
こうやって、記事を書いていると、冷静なようでまったく考えがまとまらない自分にいらだってきましたので今日はこの辺で・・・。(苦笑)



| ペリカン | 23:41 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:41 | - | - |
Comment
ペリカンさん、先ほどはご指摘ありがとうございます。m(_ _)m
文章は難しいですね^^;誤解を与えたしまったのでしたらごめんなさい。
私は人の考えは変わるもんだと思いたいというか。さびしいというより まだまだ可能性は残っていると思いたいですねーー。消極的希望でもまだあるわけですから。。。忍野村世界遺産登録希望説は 客観的に見て どう考えても 今のところは ジョ ジョークですよね。。。。って私も思いますけど。。笑。。。何もしていない私がえらそうなこといえた立場じゃないことは良くわかっているんですけど ^^;
Posted by: vin |at: 2006/10/02 6:38 PM
>vinさん
こちらこそ、すいませんです。
あまりに推察させるような文章にした僕にも原因は有ります。
寂しいですが、昨日のふら友の方たちを見る限りでは可能性はまだまだ有ると信じています。
世界遺産登録ですが、もしあの状態で登録されるなら、世界遺産なんてとんでもなくインチキですよね。(苦笑)
Posted by: ペリカン |at: 2006/10/02 10:28 PM
あえて・・・
SALTSIZEです。
世界遺産の事は触れませんでした。
周辺地域整備は、更なる”河川環境悪化”を招く危険性を孕んでいますが、”もしかしたら?”河川環境含みの可能ものまだ残されてる事を期待したいと思いました。
ままま、後に多分かなり絶対、笑い話のネタになることも見越した上でですがね(笑
昨日は、お疲れ様でした。
僕も、「ふら友」ソルト部門としての参加でしたが、メンバーではないペリカンさんの参加は、後に良い結果に結びつくように思います。
本当に、ありがとうございました。
PS>ALL
やむなく来れなかった方々へ・・・
その気持ちが大切だと思います。
”出来る時に最善を尽くす”
これ重要、これで良いのだと思います。
失礼致しました^^
Posted by: SALTSIZE |at: 2006/10/02 11:16 PM
>SIZE君
お疲れでした。
しょっぱい僕らを引き戻すだけのパワーを取り戻してもらいたい物です。
叩かれるかもしれないけど、望みの川を取り戻すには時には強引さも必要かもね。
Posted by: ペリカン |at: 2006/10/03 3:08 AM
貴方達に問いたい。忍野の川辺を見て、釣りをする人の仕業としか思えない岸の崩れを見て何を感じますか? 私にはとても醜く見えます。貴方達は”それは自分や仲間達のしたことでは無い”と言うでしょう。しかし、大きな分類でいけば同じ釣人なのです。

村役場で働く多くの人達が村の住人なのです。貴方のこのブログでの忍野に関した記事を読みました。私は村の家々の間を流れる川としては良く保護されていると思います。(無論、BESTではありませんが)以前と比べれば住人のモラルも向上したと思います。しかし、村の行政のサポート無しには出来ない物だとも思います。批評は良いのですが批判すべき立場では無いと思います。村の人の多くは賛同しないでしょう。

人の不備を責めるときには、先に”己の身を清く”が大事な事だと思います。今の貴方の考え方では村としても何ら回答に値しないと考えて当然だと思います。更に回答を求めたいなら直接面会を求めなさい。

貴方達が責めるべきは、貴方達”釣り人達の行動です。それなくして村への批判は陳腐です。自分達の行動についての言い訳はいりません。あの崩された川辺をご覧なさい。

貴方達は貴方達自身が住んでいるところでご自分の生活の利便性を犠牲にしてめで自然保護に気を使いながら生活していますか?何処にでも守って行くに値する自然はあります。

忍野に来る前にご自分達のご近所をお考えになった方が良いかと思います。

世界遺産登録の件に関してはどの様な事が含まれているのかもう少し考えを巡らせた方が良いと思います。

もう少し、成長してください。

※削除したければしてください。それが貴方の度量ですから。
Posted by: 忍野が気になる男 |at: 2006/10/03 2:20 PM
>忍野が気になる男さん
こんにちは
貴重なご意見、有難うございます。
今回、この様な意見を取り上げていただき、個人的に嬉しく思います。
これは僕個人の思いですが僕自身はあの川を村外者として利用させてもらっていると常日頃を思っております。
川岸の崩れですが忍野が気になる男さんの仰るように釣り人の踏み跡も大きな原因だと私も思います。
この点に関しても一部の釣り人は深刻に思っています。
現在では近自然工法等もあり、そういったものを活用できない物かとも考えています。
僕らは遊漁料を払ったり、忍野村で宿泊したり飲食しています。それらの一部をそういった工事に回して欲しいと考える者も多数居ます。
遊漁料に関しても今の価格では安すぎるとさえ思っていて、値上げして、尚且つ、魚のほう流量を減らし、浮いた分で河川環境の維持に使って欲しいと思う者も多数居ます。
忍野村に訪れる釣り人は相当な数だと聞いています、その中には傍若無人な人も居るのは間違いない事実ですが、河川環境を良くしていきたいと思っている人も多数居る事を頭の片隅にでも置いて下さい。

忍野は「あふれる自然ときれいな水そして雄大な景色」を謳っている自治体ですよね?
忍野にあふれ出る水は綺麗です。しかしそれは出た瞬間だけです。
クリーンキャンペーンの時、挨拶された偉い方が仰っていましたが、川は忍野村だけの物でも有りません・・・神奈川県や東京都に住む僕らが飲料水として利用している水の一部でも有るのです。
こうした僕たちがあれこれ言うのも問題なのでしょうか?
もし近所の事を考えろと言うのなら、水源の村に対しては「怒り」すら覚えます。
ピンポイントで綺麗にしたり、マスコミを煽るのは簡単な事です・・・忍野が気になる男さんは海外の世界遺産を見た事が有りますか?
僕はイエローストーンと言う世界で一番最初に世界遺産登録された場で「フライフィッシング」をしてきました。
イエローストーン
http://www.bigskyjapan.com/travel/yellowstone.html
一度でも良いです・・・もし貴方が村役場の方なら金儲けの手段とならない「本物」を見て来られる事をお勧めします。
世界遺産でも何でも構いません、観光で訪れるのは村外者だと言う事を忘れないで下さい。
表面的に繕っただけの「自然」は簡単に見破られます。
最後になりますが、批判と批評は違います。
今回の場合は微妙な感じも有りますが僕としては「批評」として捉えてもらえるとありがたく思います。

私も忍野が気になる男さんも忍野が良くなれば良いと言う思いは同じだと思います。
それだけは分かっていただければと思います。
尚、ネット上だけのやりとりでは誤解や弊害も多々有ると思います。
何時の日かお互い顔をつき合わせてお話できない物かと本気で思っています。
私のメールアドレスがプロフィール欄に有りますので、この場に書ききれない忌憚のないご意見を頂ければと思います。
再度書きますが、今回のコメントを頂き本当に勉強になりました。
僕ら釣り人だけでは同じような意見が集まりがちなので、先日の意見交換の際にも本当は村の人が一人でも居ると良いのではと思いました。
村にとって釣り人がどれほどの存在なのかは分かりませんが、村に対しては本の少しでも良いので釣り人の意見を吸い上げる窓口を作ってもらいたいとも思います。
もちろん、村から釣り人に対しての要望もしくは注意みたいなものをもっともっと伝えて欲しいとも思っています。
非常に長くなりましたが、やはりネット上では限界が有りますのでこの辺で失礼致します。


Posted by: ペリカン |at: 2006/10/03 3:33 PM








Trackback
なんて言ったら良いのか・・・ SALTSIZEです。 えー、えー、えー、まずは、
BLOGSIZE | at: 2006/10/02 9:55 PM

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Entry

Comment

潮汐

GPV

Search

Recommend

Archives

Category

Link

Trackback

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links