スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
敷居
 twitter
一応数年前から登録だけはしてあるんだけど、ほとんど使っておらず・・・まあそれはおいといて。

ほとんど人のつぶやきを見るだけなんだけど、フライフィッシングって潜在的にはやりたい人はたくさん居るみたいですね。

だけど、気になるのはやろうと思うけど躊躇する人が結構いることに気が付きます。

一番多いと感じるのは、道具の価格。

多くの人が高すぎと感じてるみたい。
ちょっと極端な例だとは思うけど・・・「磯釣りとかだったら、コミコミで1万も掛からないのになんなんだフライは・・・磯竿なんて量販店行ったら1000円以下でもあるぞ」みたいな・・・。

あとは横文字と言うか専門用語
これでダメな人も居るみたいです。

それからショップの対応・・・いきなり「どんな釣りしたいんだか分らなければ道具も分らん」みたいな反応とかショップに行ってみたは良いけど、常連がでかい声で喋っていて何も買えずに出てきちゃったとか、そんな感じ。
小心者なので、正直、今でも某大規模専門店には入りにくいっす・・・

一時、フ雑でビギナーを取り入れるにはみたいな記事が有って、最初はドライでみたいな記事があったんだけど、僕もあれには当初は同感でした。
難しい事を少しずつこなしていく事で学ぶ喜びが増すみたいな感じなんだけど、実はそれってある程度経験(餌釣りからはじめてるとか)がある人の話なんじゃないかなと思うようになって来ました。

だけど、釣り自体が全くはじめてで、最初の釣りがフライフィッシングの人にはやっぱり魚がブルブルする感覚を体験させてあげるのが最初なのかなと思うようになりました。
それを簡単に実現させるには浮き釣りデビューでも僕は良いのかもしれないと最近は思ってます。

今時の入門者は明らかに昔とは違うような気がします。昔は情報が無かったから試行錯誤したけど、今はマニュアル世代・・・試行錯誤した方がも面白いのにって言うはたぶん「ベテラン」のやり方。マニュアル世代を否定した所でそれはお門違いだと思う・・・今の世代に即したやり方が有るんだと思う。
今は「普通」の人が「今時」の感覚でフライフィッシングの門を叩こうとしてます。

入門者や初心者を前にすると上から目線の人も時々居るけど、みんな最初は初心者だったわけで・・・。

twitterのつぶやきを見る限り、今の所、入門したい人にとってはまだまだフライフィッシングは「敷居が高い」んだな〜とつくづく思いました。
| ペリカン | 17:06 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 17:06 | - | - |
Comment
ども、フライ13年目なのでまだまだフレッシュです。(何か?爆)

ワラクシの場合、まあ子供の頃すこし磯釣りとかしましたけど、ほぼ釣なんかしてないシトだった訳ですがはまったのは…やっぱいっとう最初に行って岩魚2匹も釣らしてもらってますから。やっぱ何でもいいので釣るのが定石ですね。

まあ道具に関してはもともとフェティッシュなので、はまるのに時間は掛かりませんでしたがね。(^_^;)
Posted by: keytaccata |at: 2011/07/20 7:58 PM
>keytaccataさん
いやいやkeytaccataさんはフレッシュのそれではないような・・・(^_^;)
やっぱり「魚釣り」なので最初は魚釣った方が良いと僕も思います。

で、その先は自由・・・
その先に関してはショップカラーだったり自分色に染めたいベテランがたくさん居ますけど、最低限(糸の結び方と魚の取り込み方)だけ学んだら後は如何様でも良いと思います。

keytaccataさんほどじゃないですけど、僕も道具大好きです。

いずれにしてもフライフィッシングは深いですね(^^)
Posted by: ペリカン |at: 2011/07/20 10:12 PM
お久しぶりでございます

いまどきの20代を毎日相手にしてますが、ググルのは得意なんですが、そっから再検索したりしてネットサーフィン(死語か?)するのは好きでないタイプが多いですね。
調べる=wikiで完結 みたいな感じで

最近はやること(娯楽)が沢山あるから、一つのことにあまり時間をかけないで簡単にできりのがいいのかなぁ。
ビジネスでもワンストップサービスなんてのが意識されてますし。
Posted by: P-20 |at: 2011/07/22 9:15 PM
>P-20さん
ご無沙汰しております。
近所の管釣りのルアーエリアはもの凄い混雑なんで明らかに「釣りをやりたい人」はいるんだと思うんですが、かたやフライエリアは縮小方向です・・・。
やはり手っ取り早いってのが肝に見えますね。
でもこのルアーマン達の中には相当数のフライをやりたい人間が混ざってるのも確かなようで、アプローチ次第なんだと思います。現状を見る限り、今までのやり方では縮小方向は目に見えてると思うので若い世代に即したやり方を見つけないとだめなんでしょうね・・・。
Posted by: ペリカン |at: 2011/07/23 12:46 AM








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Entry

Comment

潮汐

GPV

Search

Recommend

Archives

Category

Link

Trackback

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links